HOME > Student Support

Student Support

School opening time

School opening time is from 8:30 to 18:30. 

※ Saturdays, Sundays and public holidays are closed.

School Facilities

2 F 事務室
①カウンター・・・事務(ビザやアルバイトなど日本の生活についての相談)
②カウンター・・・教務(日本語の勉強や進学についての相談)
図書室、インターネット、進学相談コーナー、トイレ(男女兼用)、電子レンジ、ポット
3 F 教室301~304、トイレ(女性用)
自動販売機、喫煙室、学生用フリースペース、進学情報コーナー
4 F 教室401~404、トイレ(男性用)
プライベートレッスン教室A・B、自動販売機、学生用フリースペース
5 F 教室501、502
トイレ(女性用)、自動販売機

■校内掲示板
各階のエレベーターの前に掲示板があります。学校からのお知らせが貼ってあるので、毎日確認してください。
■コピーサービス
2階の事務室にコピー機があります。1枚10円でコピーできます。枚数が多い場合は、コンビニのコピー機を利用してください。コンピュータからの出力も1枚10円です。
※教科書を忘れた場合のコピーは1枚50円です。

About Lessons

(1)School hour

Monday 〜 Friday(Five days a week / 20 hours)

午前 午後
1時間目 9:00~10:40(5分間休憩あり) 13:20~15:00(5分間休憩あり)
休み時間 10:40~11:00 15:00~15:20
2時間目 11:00~12:40(5分間休憩あり) 15:20~17:00(5分間休憩あり)

(2)Semester and Class

1年は4学期(各学期3ヶ月)に分かれています。3ヶ月で1クラスが終了し、上のクラスに進級します。

4~6月 7~9月 10~12月 1~3月
4月期 7月期 10月期 1月期

(3)学習評価

1学期に一度学習評価をし、合格した学生には認定証が授与されます。合否は下記の成績をもとに判断します。

3ヶ月の出席率  (日数での計算ではなく、時間数での計算です)
各課テストの平均点(授業中にする教科書の内容のテスト)
期末テストの点数 (3ヶ月に一度の日本語の実力を測るテスト)
※「会話」「作文」「授業態度」についても評価します。
※毎学期末の成績をご両親や保護者の方へ送付しています。(中国、ベトナムのみ)

(4)Makeup exam(Practice test・End of term test)

病気などの理由でテストが受けられない場合は、テストが始まる時間までに学校に連絡をしてください。
事前に連絡をした人は、翌登校日、追試を受けることができます。

(5)教科書

1学期(3ヶ月)あたり、2〜3冊の教科書を使います。
毎学期決められた日に学校で教科書の販売会をしますので、その機会を利用して購入してください。
学校近くの「日本語ブックス」でも買うことができます。
※ 全ページをコピーして教科書として使用することは、法律で禁止されています。

(6)担当講師

各クラス、3〜4人の先生が授業を担当します。
各クラスには先生のリーダー「担任」が1人います。

(7)カウンセリング

1学期(3ヶ月)に一度、クラスの担任の先生と学生が2人で話す時間があります。
その時間以外でも、日本の生活・日本語の勉強・進学などについて相談したい人は、いつでも2階の事務所に来てください。

アクティビティーについて

MANABIには、日本の伝統文化やポップカルチャーなどが体験できる課外活動や、スピーチコンテスト、MANABI祭など1年を通じていろいろなアクティビティーがあります。
日本人の方との交流イベントや、お祭りなどを通じての地域交流などを積極的に行っています。

進路

MANABIには、日本の伝統文化やポップカルチャーなどが体験できる課外活動や、スピーチコンテスト、MANABI祭など1年を通じていろいろなアクティビティーがあります。
日本人の方との交流イベントや、お祭りなどを通じての地域交流などを積極的に行っています。

(1)進学

(1)進学説明会

進学準備に役立ついろいろな説明会を実施しています。

大学・専門学校体験授業 大学・専門学校の先生が学校に来て授業をします。
出願や入学試験などについて直接話しを聞くことができます。
進学指導担当による進学説明会 進学準備スケジュールや出願書類の準備、面接対策など、
進学のために必要な情報が得られます。
卒業生による進学説明会 卒業して進学した現役の大学院生や大学生の先輩から進学のアドバイスや経験談などを聞くことができます。

(2)個別相談

進学について、わからないことや心配なことがある人はいつでも個別相談ができます。
2階の教務(2)カウンターで相談予約をしてください。

(3)進学情報コーナー

2階と3階に進学コーナーがあります。日本全国の学校案内や進学情報などが見られます。
※以下のサイトに、留学生の進学についてのわかりやすい説明があります。各国語で見られます。
・日本への留学情報(Chapter3 学校を知る):http://www.jasso.go.jp/study_j/sgtj.html

(2)就職

卒業後、就職を希望している場合、留学生向けに求人情報などを提供している公的なサービスがあります。
日本学生支援機構でも定期的に留学生向けのガイダンスを実施しているので、定期的にチェックをしてみてください。
上記以外に、学内でも就職ガイダンスも実施するので、興味がある人は参加してください。

東京外国人雇用
サービスセンター
http://tokyo-foreigner.jsite.mhlw.go.jp/
日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/ryugaku/index.html

奨学金

(1)私費外国人留学生学習奨励費給付制度制度(日本語教育機関在籍者)

毎年4月に、前年度入学(前年度4月、7月、10月、1月)の留学生で、日本国内の大学院、大学、専門学校への進学を目指している学生の中から、出席率と成績をもとに選抜をして、推薦者を決定します。
毎年1名から2名程度の学生が、1年間、月額48,000円の奨励費を受給しています。

※推薦者の数は、年度によって異なります。
※条件に合う学生がたくさんいる場合は面接や経済状況などにより、選抜をします。
※推薦条件 (2012年4月現在)

前年度3月までの出席率90%以上
前年度の期末テストを全て受験し、成績が優秀な学生。
必ず日本国内で進学をする。
他の奨学金を受給していない。

(2)私費外国人留学生学習奨励費給付予約制度(日本語教育機関推薦)

3月にMANABIを卒業して、4月から大学院、大学、専門学校に進学予定の留学ビザの学生は、学校から推薦をして、審査に通れば、進学後に月額48,000円の奨励費を受給することが可能です。

※推薦条件(2012年4月現在)

出席率90%以上
日本留学試験を3科目以上受験。(例:日本語+総合科目+数学コース1)
4月から正規生として大学院、大学、専門学校へ日本国内での進学が決定している。
他の奨学金を受給する予定がない。

(3)MANABI外語学院奨学金制度

MANABIでは有名大学への進学が決定した学生を対象にした奨学金制度を設けています。

ランク 文系 理系 奨学金
1 国立  東京大学 国立  東京大学 50万円
2 国立  京都大学
国立 京都大学
東京工業大学
30万円
3
国立 一橋大学
筑波大学
大阪大学
名古屋大学
北海道大学
東北大学
九州大学
私立 早稲田大学
慶応義塾大学
国立 筑波大学
大阪大学
名古屋大学
北海道大学
東北大学
九州大学
電気通信大学
東京医科歯科大学
私立 早稲田大学
慶応義塾大学
20万円

※推薦条件(2012年4月現在)

MANABI在籍期間の通算出席率90%以上
上記表の大学(大学院を含めない)に入学すること
MANABIに1年以上在籍していること
学費、寮費共に未払い金がない(期限までに全て支払っている)こと

卒業・修了

(1)卒業条件

MANABI外語学院東京校で1年以上勉強した。
出席率が80%以上ある。
大学・専門学校に合格、または期末テストに合格した。

上記(1)+(2)+(3)の学生には「卒業証書」を出します。
それ以外の学生には「在学期間証明書」を出します。

(2)卒業・修了・退学届

日本語の勉強を終えて、帰国、進学、就職する学生は、必要な書類と一緒に「卒業・修了・退学届」を提出してください。

①帰国 飛行機のチケットのコピー。
※帰国後にパスポートの出国スタンプがあるページをFAXかメール(郵送も可能)で提出。
②進学 大学・専門学校の入学許可書のコピー。
③就職 ビザの変更が確認できるパスポートのコピー。
※会社の名前、住所、電話番号、担当者の氏名を報告してください。

校内環境

(1)教室の掃除

授業のあと、日直の学生が教室の掃除をします。

(2)ゴミ捨て

燃やすごみ 紙くず/割り箸/果物の皮など   ※紙パックはつぶして捨ててください。
燃やさないごみ プラスチック / ビニールなど
ペットボトル・缶 専用のゴミ箱に捨ててください。 ※残った飲み物は流しに捨ててください。
※ガラス/ガスボンベ/ライター/金属製品などは、自分で持ち帰って地域のゴミの日に捨ててください。

証明書

定期券の学生割引や進学のために証明書が必要な時は2Fの事務局で申し込みをしてください。
証明書は発行までに3日必要です。下の例を見て、余裕を持って申し込みしてください。

例1

申し込み     受け取り

例2

土・日
申し込み       受け取り
証明書 発行手数料
在学証明書 500円
成績証明書・出席状況証明書 500円
修了見込証明書 500円
卒業見込証明書 500円
卒業証明書 500円
推薦書 1000円
通学証明書 500円
翻訳証明文書 500円

※3日以内に証明書の受け取りを希望する場合、緊急発行手数料として1部につき500円が加算されます。

在留カード

在留カードは、上陸許可や、在留資格の変更、在留期間の更新許可などの際に交付されるカードです。
在留カードには、顔写真・氏名・国籍等所持者の基本情報の他、資格外活動許可の有無や在留期間更新許可・在留資格変更許可などの情報があります。
在留カードの有効期限は在留期間の満了日までで、在留資格変更や在留期間更新をした時に、新しいカードが交付されます。
住所を変更した場合は、市(区)役所に行って、住所変更の届け出をして下さい。
この手続きをしないと20万円以下の罰金を科せられたり、在留資格が取り消されたりします。

http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

目次へ戻る

国民健康保険

国民健康保険は、日本の公的な保険です。風邪、けが、歯痛などで病院に行く場合、国民健康保険証を持っていると、自己負担する医療費は30%で済みます。
保険料は住んでいる地域によって異なりますが、前年度の収入がない人は月額1,000円程度で加入できます。
健康保険の加入の際に、保険料の減免申請をしてください。

※減免申請をしないと1か月3,000円程度の保険料になります。

健康保険証は、日本ではパスポート、運転免許証と同様に公的な身分証明書となります。
他人に貸して悪用されるケースもあるので、絶対に貸し借りをしないでください。
「借りる」のも、「貸す」のもどちらも犯罪になります。

学生証

学生証は、外国人登録の手続きと健康保険の手続きが終わったら配布します。

※紛失した場合の再発行は有料で、1,000円かかります。

査証(ビザ)

留学ビザの在留期間は、入国時1年又は1年3か月です。
勉強を長く続ける場合は、在留期間更新の手続きが必要です。
日本語学校に通う留学生は最長で2年又は2年3か月まで延長することができます。
在留期間更新の手続きは現在の在留期限の3か月前から可能です。
更新時期が近付いたら事務局で説明会をするので参加してください。
出席率によって、更新が許可されない場合や在留期間が6か月に短縮される場合があります。

※ビザ更新時必要書類

4,000円の収入印紙(収入印紙は郵便局で買うことができます。)
送金証明書(または預金通帳、預金残高証明書でも可能です。)
・出席率が悪い学生は、理由書、病院から発行された診断書などを提出します。
・MANABI外語学院東京校では「取り次ぎ申請」をしているので、自分で入国管理局に行って面倒な手続きをする必要はありません。

≪ビザ更新の流れ≫

  • STEP1   説明会 (事務局からビザ期限の3か月前に連絡)
  • STEP2   申請書記入/必要書類を提出(2F 事務局)
  • STEP3   ビザ申請(学校でまとめて入管に提出)
  • STEP4   ビザ交付(学校でまとめて入管で受け取り))
  • STEP5   パスポート受け取り(2F 事務局)

詳しくはこちらのページをご覧ください。

口座(ゆうちょ銀行の口座)

日本の銀行では、日本に来て6ヶ月以上経過するまでは、口座を開設することができません。
郵便局(ゆうちょ銀行)の場合は、入国後すぐに口座を開設することができます。
郵便局で口座開設をする場合には、以下のものが必要になります。

国民健康保険証 旅券(パスポート) 印かん 学生証

一時帰国(出国)について

夏休みや冬休みに、国へ帰ったり、海外へ旅行したりする場合、事前に事務所で、「一時帰国(出国)届け」を提出してください。有効な旅券と在留カードを所持していれば、日本を一時出国する際、出国後1年以内で、在留期限内に再入国する場合には、再入国許可の取得が不要です。
授業を休んで一時帰国をすると、以下のようなデメリットがあります。

出席率が下がります。
上のレベルのクラスに上がれなくなる可能性があります。
希望の大学や専門学校に進学できなくなる可能性があります。

≪一時帰国(出国)の流れ≫

  • STEP1   一時帰国(出国)届けをもらう(2F 事務局)
  • STEP2   一時帰国(出国)届けを提出(2F 事務局)
  • STEP3   飛行機を予約
  • STEP4   チケットのコピーを提出(2F 事務局)

公欠について

大学や専門学校の試験が授業時間と同じ場合などは、前日までに「公欠届け」を提出してください。
「公欠届け」の内容によって、許可か不許可か判断をします。理由によっては公欠が認められないこともあります。

アルバイトについて

(1)資格外活動許可証

留学ビザの学生は、「資格外活動許可証」を取得すると、時間、仕事の内容などに制限がありますが、アルバイトをすることができます。アルバイトが決まったら、店名、住所、電話番号を事務局に連絡してください。

※学校を退学した時点で、資格外活動許可証は効力を失います。
※そのままアルバイトをしていると不法就労になり、厳しく罰せられます。

(2)アルバイトができる時間

1週間に28時間まで

※夏休みや冬休みなどの長期休みは1日8時間まで可能

(3)禁止されているアルバイト

留学生がすると法律違反になるアルバイトがあります。

・パチンコ店・ゲームセンターなど
・競馬場やギャンブルに関係する仕事
・18才未満の人が入れない店での仕事 など

(4)アルバイトの探し方について

駅やコンビニなどにアルバイト情報が載っているフリーペーパーなどがあります。
2階の事務所前の掲示板にもアルバイト情報のコーナーがあり、週に1回は更新しています。
下記のサイトにもたくさんのアルバイト情報があるので、活用してみましょう。

・ジョブセンス:http://j-sen.jp/
・アルバイト.ジェーピー:http://www.arbeit.jp/
・タウンワークネット:http://townwork.net/
・From A navi:http://froma.yahoo.co.jp/

(5)履歴書の書き方

日本で「履歴書」は専用の用紙に書くのが一般的です。コンビニや100円ショップなどで買うことができます。

通学

(1)自転車通学

自転車専用の駐輪場は、隣のマンションの横にあります。
駐車できる台数には制限があるので、自転車を買う前に事務所で相談してください。空きがあれば、事務局で登録をして、駐輪証を受け取ってください。
登録していない自転車は駐輪できません。

※登録の際に保証金500円が必要です。 駐輪証を返却したら、保証金も返金します。

(2)定期券(電車通学)

(1)購入方法

定期券は、駅の窓口または自動券売機で購入することができます。
500円の保証金を払うと、ICカード(JRはSUICA、それ以外はPASMO)を購入できます。
SUICAやPASMOは、繰り返しチャージして使用することができ、コンビニなどで買い物もできます。
SUICA(PASMO)定期券は記名式なので、紛失時に再発行することができ、とても便利です。

・SUICA http://www.jreast.co.jp/suica/index.html
・PASMO http://www.pasmo.co.jp/

(2)学割定期券

都営交通(都営大江戸線/都営浅草線/都営新宿線/都営三田線/都営バス)を利用する場合は、学生割引が適用されます。(学生割引が適用されるのは、自宅から学校までの区間だけです。)
学生割引の手続きに必要な書類は以下の通りです。

学生証
通学証明書
在留カード(またはパスポート)

周辺施設

(1)図書館

緑図書館 http://www.city.sumida.lg.jp/sisetu_info/library/annai/midori.html

(2)文化・スポーツ施設

江戸東京博物館 http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
両国屋内プール http://www.konamisportsandlife.co.jp/trust/ryogoku/
墨田区総合体育館 http://www.sumidacity-gym.com/

(3)病院

墨東病院 http://bokutoh-hp.metro.tokyo.jp/
同愛記念病院 http://www.doai.jp/
錦糸町駅ビル内科クリニック http://www16.ocn.ne.jp/~clinic/
東京医療機関案内 http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp

(4)観光案内

すみだ観光サイト http://visit-sumida.jp/
東京都公式HP http://www.kanko.metro.tokyo.jp/

(5)日本語専門書店

日本語ブックス http://nihongo-books.jp/

(6)公共機関

入国管理局 http://www.immi-moj.go.jp/index2.html
墨田区ホームページ http://www.city.sumida.lg.jp/
江戸川区ホームページ http://www.city.edogawa.tokyo.jp/
台東区ホームページ http://www.city.taito.lg.jp/
江東区ホームページ http://www.city.koto.lg.jp/
葛飾区ホームページ http://www.city.katsushika.lg.jp/

(7)銀行

中国銀行 http://www.boctokyo.co.jp/
韓国外換銀行 http://www.koex.jp/
シティバンク http://www.citibank.co.jp/ja/index.html

※セブン銀行などでは銀連カード使って本国の口座から直接現金の引き出しが可能です。

日本での生活

(1)日本の交通ルール

日本では車(自転車)は、左側通行、人は右側通行です。
道路を横断するときには、まず「右→左→右」の順で安全を確認してから横断しましょう。

(2)自転車について

(1)自転車の乗り方

自転車は、車やバイクと同じ「車両」なので、車と同じように「車道」の左側を走ります。
以下のような運転は、法律で禁止されています。
「二人乗り」 「傘差し運転」 「無灯火運転(夜間)」 「運転中の携帯電話の使用」「飲酒運転」など
歩行者との接触事故も増えていて、高額な損害賠償を請求されるケースもあります。
「歩行者優先」の意識を強く持ってマナー良く運転をしましょう。

(2)放置自転車について

路上に放置してある自転車を無断で使用すると「窃盗罪」と同じ罪に問われます。軽い気持ちで路上に放置してある自転車を使用してはいけません。友達に自転車をあげるときは、防犯登録の抹消をしましょう。

(3)原発などの影響について心配な人へ

放射能などの影響が心配な方は下記のサイトから情報を得ることができます。

・東京都健康安全研究センター:http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/

(4)日本の常識・マナー

(1)あいさつ

日本での生活の基本はあいさつです。学校の近所の人、自分が住んでいるところの近所の人には積極的にあいさつをしましょう。

(2)学校生活のマナー

・事務所に入るときと、授業中は帽子をとりましょう。
・授業中は携帯電話をかばんの中にしまいましょう。
・エレベーター、階段などでの飲食は禁止です。3階・4階の学生用フリースペースでおねがいします。
・事務所で相談する時や学校に電話をするときは、自分のクラスと名前を言いましょう。

例:「○○○クラスの○○○です。」

(3)日常生活のマナー

2)エスカレーターに乗る時
エスカレーターでは急ぐ人のために右側を空けましょう。 ※関西地方では一般的に左側を空けます。

2)電車に乗る時
駅のホームでは並んで順番を守りましょう。電車に乗り降りする時は、降りる人が「先」、乗る人が「後」です。
車内での携帯電話での通話はマナー違反です。(メールは大丈夫です。)
「優先席」は、お年寄りや障害がある人に譲りましょう。

何か困ったこと、心配なこと、話したいこと、悩んでいることなどがあったら、気軽に2階に来てください。
私たちはみなさんの日本での勉強、生活を全力で応援します。

ページの先頭へ戻る